Event

着眼大局、着手小局で始める顧客体験管理

March 23, 2022
15:00-16:00 JST

本ウェビナーでは、これから顧客体験管理を始めたい、既に始めており今後の展開を考えたい、顧客体験管理について学びたい、と考える方向けに、「小さく始めて、大きく育てる顧客体験管理」の考え方を事例を交えてご紹介します。

ご登録フォーム

 

 

 

 

顧客体験管理はどこから始めるのが効果的?

「顧客体験の改革が必要とは思っているが、どこから始めたらいいのかわからない」「ブランドとしての一環した顧客体験を提供する取り組みは、話が大きすぎて各部署のステークホルダーを巻き込めると思えない」そう思っていませんか?

顧客体験管理は、小さく始めて、大きく育てることができます。小規模な導入から、成功を重ねて、大きく育てるには、どのように考えてどこから着手したらいいのか、経験豊富なMedalliaの体験管理エキスパートが事例とともにお話します。

Medalliaは、顧客体験の改善を通して、ブランドの離反率低減、コールセンターのKPI改善など、クライアント企業が数々の成果を達成することを20年に渡りサポートしてきました。そうした実際の経験から得られた知見をご紹介します。

このウェビナーでは以下のトピックを取り扱います。

  • 優れた顧客体験のビジネス効果
  • 顧客体験管理実践のポイント
  • 顧客目線でのブランド体験を把握するエクスペリエンスシグナルとは?
  • 顧客体験管理はどこから始めるか?
  • 小さく始めて大きく育てた事例のご紹介

Speakers

Medallia

田中 大志(たなか まさし)
シニアアナリスト


2021年3月Medallia株式会社に入社後、Professional Serviceチームに所属しプロジェクトマネージャー業務に従事している。主に国内大手通信会社、外資大手保険会社、グローバル飲食ブランド等のお客様のプロジェクトにおけるプロジェクトマネージャーを担当。戦略的かつ俯瞰的視点に基づいたビジネスとITの橋渡しによる顧客プロジェクトの伴走支援を行っている。 Medalliaに参画する以前は、国内外大手保険会社や大手通信会社でBPRプロジェクトや基幹システム刷新プロジェクトにおけるI Tコンサルティングを経験。デジタルマーケティング領域においての知見もあり、国内大手製造業のクライアントに対して、プロジェクトマネージャーとしてデジタルマーケティング企画構想やマーケティング基盤導入等のプロジェクトをリードして来た経験も持つ。

Medallia

倉木 優子(くらき ゆうこ)
シニアプログラムマネージャー


CXエキスパートであり、20年以上にわたりフォーチュン500社のグローバル企業でマルチサイト、マルチチャネルのコンタクトセンター運営に携わり、運営ロードマップや監査を含め最適化を主導。 アメリカの先進的CXメソッドやソリューションを日本企業に紹介しながら、CXプログラムにおける真の価値を開発・創造することに注力している。